住宅ローン
親子リレー返済ガイド

繰上返済の手続き

住宅ローンの支払いが長引いてしまうのは、金利負担が大きいからですよね。

金利って元金にかかってくるものなので、できるだけ元金を減らすようにしないと、負担が軽減することはありませんね。 元金を減らすには、資金に余裕のある時に繰上返済をするのが有効だけど、繰上返済についてはそれぞれの金融機関で手数料が異なったり不要だったり、繰上返済額が何万円以上と決まっているところ、一円から返済可能なところなど色々なので、繰上返済をする時には、借入している金融機関に確かめる必要がありますね。

繰上返済には、期間短縮型と返済額軽減型の二通りがあり、金融機関によって繰上返済の手続きは違うようなので、そのあたりも確かめておかないといけませんね。 例えばフラット35の場合には、繰上返済の1ヵ月前までに申し込むことが必須ですが、新生銀行ならインターネットバンキングから24時間手続き可能なんだとか。 住宅ローンの負担を後々まで引き延ばさないためには、資金があればできるだけ繰上返済をして、元金を減らしていくのがベターでしょう。

繰上返済手数料が0円で、1円から繰上返済可能な銀行なら、少し余裕のある時に繰上返済するというのも得策じゃないでしょうか。

住宅ローン借り換えの口コミ
金利や手数料の条件や口コミでの評判などをもとにランキング形式でご案内する住宅ローン借り換え比較です。


Copyright (C) 住宅ローン 親子リレー返済ガイド All Rights Reserved