住宅ローン
親子リレー返済ガイド

金銭消費貸借契約証書でトラブル防止

お金の貸し借りって、口頭だけで済ませると、後々トラブルが発生しても解決することができませんよね。

どんな小さな金額であっても、金銭トラブルを避けたいなら、書面で契約を交わしておくことが必須でしょう。 お金のトラブルほどお互いの信頼関係をぶち壊してしまうものはないし、もし貸し借りの関係ができてしまうなら、金銭消費貸借契約証書でトラブル防止しないとね。

お金にいい加減な人って、人として信用できませんよね。 そういう人と付き合っていてもメリットはないし、感覚のズレという問題では済まされないことも多いんじゃないかな。 金銭トラブルって、親子間でも大きな問題になることもあるので、そういったトラブルに発展しないように、書面での契約っていうのは大事なことなんでしょうね。

書面にして残しておけば、法的に有効ですからね。 返済期日を守らなかったり、借りたお金を返さなかったりすれば、法的手段によって、損害賠償請求だって可能なんですよね。 書面でしっかりとした約束を交わすことで、お金を借りる側は、返済しなければ・・という意識が強くなるし、お金を貸す側も安心できるから、お互いにとってベターでしょうね。

お金の貸し借りが発生する場合は、親子であっても金銭消費貸借契約証書を残しておくべきなんでしょう。

住宅ローン借り換え諸費用
住宅ローン借り換えナビでは返済や金利で悩んでいるあなたにその手順やお得な商品を比較して紹介しています。


Copyright (C) 住宅ローン 親子リレー返済ガイド All Rights Reserved